お祝いの説明カテゴリー

これで完璧!金婚式のお祝いの言葉

引用: https://www.erwanngaucher.com/kinkonshiki/

結婚50周年の金婚式を感動的なイベントにするには、いろいろと準備をしなければなりません。プレゼントや食事ばかり意識しがちですが、お祝いの言葉についてもしっかりチェックしておくことが望ましいです。そう言われても、あらたまって何を言えば良いのか分からないという人も多いです。基本的には難しく考える必要はなく、素直な気持ちを伝えるだけで大丈夫です。たとえば、自分が息子や娘という立場であれば、「結婚50周年おめでとうございます。次は80年を目指して仲よく暮らし続けてください」という具合です。「2人の子どもで良かったと感じています。これからも家族として新しいページを紡いでいきましょう」などと自分も含めて一体感を示すという手もあります。
忘れられがちですが、本人たちが贈り合う言葉もとても重要です。「これまで一緒にいてくれて感謝しています。結婚50周年の証として指輪を贈るので受け取ってください」というように、プレゼントとともに伝えても良いでしょう。友人であれば、「二人のご多幸をお祈り申し上げます」などシンプルな言葉で十分です。いずれにせよ、自分と相手の立場を考慮したうえで言葉を選ぶことがポイントになります。

他と違うで言葉で印象に残る

また、少しユニークにすることで、その場の雰囲気が良くなることを期待できます。「婚約したときの約束を守れなくてすみません。波乱万丈の人生になりましたが、これからも貴方を守っていく意志は固いです」といえば、笑いと感動が同時に起こるでしょう。ただし、本人たち以外がウケを狙いすぎるのは良くありません。子どもや友人という立場であれば、基本的には全面的にお祝いの雰囲気を出すように努めましょう。そうすることで、本人たちが気分を害するリスクをなくせますし、冗談をいう余裕も生まれてきます。誰がいう場合でも、日頃の感謝の気持ちが分かる内容にすることがセオリーです。上記の例を参考にしつつ、自分流のアレンジと真心を加えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です