お祝いの説明カテゴリー

間違えたくない金婚式の花の色。華やかにお祝いするために

金婚式は結婚して50年という節目にお祝いをすることであり、半世紀を共に過ごしたことへの記念日でもあります。もともと結婚記念日を祝っていたのはイギリスであり、その後明治時代に日本にも伝わりました。当初は25周年である銀婚式が盛大に行われていましたが、高齢化が進んだこともあり、金婚式を盛大に行うようになり結婚記念日においては子供や孫など家族で一緒にお祝いをすることが多く、花を贈ることも多くなっています。
金婚式においては金にちなみ黄色を使用することが多いですが、厳格な決まりごとがあるわけではありません。そのため何色を使用しても良いですが、紫と白色の組み合わせは暗いイメージが先行することもあり、避ける傾向があります。華やかさを演出し、明るい雰囲気でお祝いをしたい場合は黄色と白の組み合わせやグリーンなどを取り入れることが望ましくなります。
花の形態に関してはアレンジメントでも花束、さらに鉢植えでもよく、さらに近年重宝されているプリザーブドフラワーでも良いです。結婚式をイメージしてブーケ状になっているものも選ばれており、ブーケは特に華やかになります。ただし金婚式を迎えるということは高齢になっていることが考えられるため、手入れが大変なもの、持ち運びに力が必要なものは避けることが大切です。特に鉢植えの場合は枯らしてしまうこともあり贈られた方は罪悪感を感じてしまうこともあるので、両親の生活スタイルに合わせて選ぶようにします。

人気の色は??

花の選び方は基本的に両親が好きな花を贈るのが良く、この場合花言葉は気にしなくても大丈夫であり、色も暗くない限りどの色を贈っても大丈夫です。人気がある色は深紅やVIPカラー、カラフル、ピンクグラデとなっており、明るいものが人気となっています。女性にとって人気のあるバラの場合は赤やピンクが主流であり、他の色や花を混ぜても良いですが一つのものに統一をさせたほうがより見た感じがまとまり華やかさが増します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です